良い情報商材の見分け方 ~その2~|アフリエイトブログで稼ぐ月3万円の収入得る仕組みと方法を暴露

アフリエイトブログで稼ぐ月3万円の収入得る仕組みと方法を暴露

アフリエイトブログで稼ぐ!仕組みと方法を解説します。アフリエイトとは?など簡単な答えも載せています。アフリエイト初心者にとってアフリエイトブログの作り方など近道を紹介しながら、情報商材のレビューなどを載せていきます。なお、副収入を得る・SOHO・在宅ワーク・起業を目指す方全て必見です。

良い情報商材の見分け方 ~その2~

 

けすこです。

開始初月から月5万円を入手できる10種類の方法が紹介されています。


実践しなくても結構面白いことでもお金になるだなぁって思いますね★
ビジネスの勉強という捉え方でも勉強になります。


本日は前回の「良い商材の見分け方 その1」の続きを書いていきます。

今回は口コミ編です。

前回のメルマガでは良い情報商材の見分け方として、販売ページから見ていくポイントを書きました。

口コミ編では、簡単に言うとレビュー探しですね。

検索エンジンで商材の名前を検索すると、ある程度出てきたりします。

そこで出てきた情報の捉え方が今回のテーマです。

さて、

検索結果に出てきた情報は、大きく分けると2つ。

・良い
・悪い

基本的にはこのどちらかでしょう。

気になっている商材に関して、良いと判断しているサイトはたいていアフィリしています。
つまり売るために良いと言っているかもしれないということです。

そこで、
なぜ良いのかをきっちり書いているかどうかですね。
残念ながらアフィリエイトするからと言って、必ずしも中身を見ているとは限りません。
販売ページを読み、レビューを見ながらアフィリエイトしている場合も非常に多いです。

判断材料のポイントは、
情報を発信している人独自の視点からおススメしているかどうかです。
気になったり、疑問に思うことがあればそのサイトの作成者に問い合わせをしても良いのです。
情報商材作成者に聞き、アフィリエイターにも尋ねると、対応でだいたいの良さはわかってくるものです。

次に
悪いと判断しているサイトです。

前回のメルマガで、
悪い情報商材の例として

・知っている知識だった
・支払ったお金に見合っていない

と書きましたね。

しかしこの場合は、作者が悪いと言うよりも商材と購入者の属性が一致していなかったから起こったことです。

アフィリエイターから購入した場合は、アフィリエイターのリスト集めが良くなかったのです。

なので、
この二つの場合で悪いと書かれていたとしても、決して商材が悪いとは限りません。

このようなことにならない為の対処法は、
まず自分の位置を把握しておくことが大前提となります。

例えば、

ブログを作成し、メルマガも作成したとします。
しかし読者が全然来ないことで問題を抱え込んでいるとします。

もちろんまだまだ初心者の段階なので、
作成したブログが読者を集めるのに有効に作られているか、
メルマガをどこで紹介しているか。

タイトルの付け方は稼ぐために正しいのかどうかなど、チェックポイントは多数あります。

この場合は、実際にサイト運営者やアフィリエイター、もしくは商材作成者にこの答えが載っているかどうかを訪ねるのが一番良い方法です。

ブログランキングへ

最後に、
良いアフィリエイターを知っておくことも非常に重要です。
私のブログにも、商材を購入したら必ずそっくりそのまま真似をするようにと書いています。

早く稼げるアフィリエイターになるためには、
普段から有能なアフィリエイターをチェックしておき、その人のマネをすることが非常に重要です。

そして、出来ればメルマガなどを読んだ感想など何でも良いので、連絡を取り合える仲になることが一番の近道です。

連絡をしてみるという少しの勇気が何倍にも近道に繋がってきます。

是非実行してみてください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント:0Edit

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © アフリエイトブログで稼ぐ月3万円の収入得る仕組みと方法を暴露 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます